めっきQ&A


▼ニッケルめっき処理に1000℃に加熱すると「ふくれ」が発生。

鉄製の製品にニッケルめっき処理を施し1000℃に加熱
する環境にて使用したしたところ、ふくれが発生いたしました。
ふくれを防止する方法はありますでしょうか?

めっき加工処理自体は何か他のものと変更しても
構いません。

以上、宜しくお願い申し上げます。


文献上では、以下のような方法が記載されております。

前処理とめっき処理において吸蔵された水素が鉄鋼から
急激に放出されたため、ふくれば発生したものと
思われます。めっき後1000℃に加熱する前に、
200~250℃で約5時間加熱して水素を少しずつ
放出させるようにしなければなりません。

また、めっき処理を硬質クロムめっき処理に変更することも
耐熱温度的には宜しいかもしれませんが上記のことは同じよう
に対応しなければならないと思います。

以上、宜しくお願い申し上げます。

★ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP