めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき剥離に関するお問合せ

●無電解ニッケルめっき処理上の硬質クロムめっき処理の剥離。

下地に無電解ニッケルめっき処理を施して硬質クロムめっき処理
の耐食性を改善しようとしましたが、クロムめっき層が剥離して
しまいました。
アドバイスをお願いします。

一般的にニッケルは不動態化する傾向にありますので活性化が必要です。
これには幾つかの方法があります。
まず、ニッケルの表面を溶剤脱脂やアルカリ電解脱脂で洗浄します。

ニッケルの活性化の一般的な方法は、
1)5~15容量%のHC1溶液中、または2)5~15容量%のH₂SO₄溶液中で
1分間正電解/30秒間逆電解/2分間正電解を行い、
水洗後、濡れたまま素早くクロムめっき槽に入れて直流電源の陰極に
つなぎ、2~2.5Vで1~2分間放置した後、10秒当り0.2Vの割合で電圧を
所定のめっき電流に達するまで上昇させます。
この時に電流分布が均一になるように陽極を配置することが大切です。

無電解ニッケルは、クロムめっきに対して電解ニッケルよりもやっかいですが、
めっきすることはできます。もし無電解ニッケルがリンを多く含んでいるか
めっき前に熱処理が施してある場合には、ニッケル表面の電導性を高めるために
細かいバフで研磨すると良いと思います。

一度、現状のめっき剥離を行い、再めっき処理を行うのが
基本的は、宜しいかと思います。

★めっき剥離のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP