めっきQ&A


工具鋼板に硬質クロムめっきをする場合には水素脆性は考慮すべきか?

ビッカーズ硬さがHv350よりも硬いなら、めっき後に
水素脆暖和のためのベーキングを行うことを推奨します。
温度は通常190~200℃です。

ベーキング時間は、3時間から24時間で、材料の硬さ(引張り強度)
に依存します。
適切な熱処理時間と温度は、お客様と協議の上、仕様に従って下さい。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP