めっきQ&A


素地の表面粗さの凹凸は硬質クロムめっき後にどうなるのか?

硬質クロムめっきには凹凸を滑らかにする平骨化作用は
ありません。
また、硬質クロムめっきで、素地の擦り傷、割れ目等を
隠せるものではありません。

装飾用クロムめっきの場合は素地を磨き、下地に光沢ニッケル
若しくは光沢銅、あるいは光沢ニッケルと光沢銅の二層めっきを
施すことにより凹凸部を滑らかにした後、上に薄いクロム層
(0.5~1μm厚)を設けることで光沢のある仕上がりを実現しています。

一方、硬質クロムめっきの場合は、素地金属をむらのない平骨な
表面になるよう磨かなければなりません。
そしてめっき前の工程では一般的なものに、研磨、ショットピーニング、
ガラスビーズやエメリーによるブラスト等の加工があります。

次のめっき工程では通常、最初に密着性を高めるための逆電解に
よるエッチングを行います。

これら全ての前処理は、硬質クロム後のめっき表面に反映されて
しまいますが、それらはめったに不良とは見なされません。

まためっきの厚みは、薄いものは、5~10μm、また厚いものは
上限がありません。

硬質クロムめっきには素地の入念な前処理が不可欠です。
硬質クロムめっきは、下地を映し出す鏡です・

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP