めっきQ&A


硬質クロムめっき表面の再活性化とは。

硬質クロムめっきへの追加めっきができるよう、
硬質クロムめっき表面の再活性化を簡単に行う方法
を教えて下さい。

必要に応じて溶剤または油脂分除去剤で被めっき体を洗浄し、
電気を流さずに適温になっているクロムめっき浴の中に
2~10分程度浸漬します。

温め時間は被めっき体の温度、サイズ、太さを元に
決めてください。

次に逆電をおおよそ5~6.ボルトで30秒から1分間流し、
その後正電に切替2ボルトからスタートし、15秒間隔で
約0.2ボルトずつ必要な電流まで上げていきます。

最終的な必要膜厚を計算の上、めっき時間を算出して
追加めっきをして下さい。

★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP