めっきQ&A


テフロン硬質アルマイト加工処理の表面のクラックについて。

テフロン硬質アルマイト加工処理したパーツを半導体
製造装置内部に使用したいと考えているのですが、高温に
なった場合にはクラックが入ってしまうものでしょうか?

また、クラックが入る温度の目安などがあればお教え頂け
ないでしょうか。

以上、宜しくお願い申し上げます。

高温になりますとクラックが入る可能性が高いです。
一般的には100℃でクラックが発生いたします。

350℃近辺になりますと、テフロンが溶解します。
また、アルミ母材が変形(ひずみ)する温度に達します
と、硬質アルマイト処理皮膜が割れてきます。

この変形も当社の事例ですと350℃以上になります。

★テフロン硬質アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP