めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

硬質クロムメッキのかじりとは。

硬質クロムメッキのかじりとは。

「かじり(かじり現象)」とは、滑り接触によって滑りの
方向に生じた表面の比較的浅い傷で、外観的に傷の内部
に溶着を起こしていない現象をいいます。

「かじり」とは、 接触圧力が高く、 かなりの熱影響を
受けて表面が局部的に溶着している現象をいいます。

一般に、すり傷の程度が著しいものが「かじり」である
と考えてよいです。

ステンレスのボルトとナットがかじり、全く動かなくなる
ようなケースがあります。
かじりが一旦発生すると、その部材の機能が停止するほどの
大きな問題となることもあり、修復するための部品交換等で
予想以上のコストがかかります。

摺動する面に硬質クロムメッキをする場合、注意すべき点と
して「かじり現象」があります。

クロムめっきとクロムめっきを摺動させた場合、両者とも
硬い皮膜ですから摩耗は非常に少なくよに思われがちですが、
実際には「かじり現象」を起こして両者とも急速に摩耗して
しまいます。
このようにクロム皮膜と摩耗して「かじり現象」を引き起こし
やすいものに、砲金・黄銅等も含まれます。

対策としては、PTFE(テフロン)を使用しためっき処理を
選択する事が望ましいです。

弊社ですと

 ▼テフロン無電解ニッケルめっき
  https://www.sanwa-p.co.jp/product/teflon/

 ▼P-in処理
  http://www.sanwa-p.co.jp/product/p-in/

などが宜しいかと思います。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP