めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

リューブライト処理に関するお問合せ

リューブライトとは。

リューブライトとは。

リューブライト処理とは、化成処理であり、リン酸マンガン皮膜処理
のことであり、黒色の皮膜でリン酸塩処理として「マンガン皮膜」
を析出します。
黒染め処理よりも錆びにくく亜鉛めっきのクロメートと同等の
耐食性があり、鋳物の材質に適してます。

表面状態は、「粒子が粗く」塗装の下地としてアンカー効果があり
密着性を向上させます。 また、絶縁皮膜であり電気を流れ
(厚膜:12,300Ω/cm2 薄膜:2,960Ω/cm2)

破壊電圧は、厚膜状態で、170~280V・薄膜状態で、140~220V
にくくします。

膜厚は、8〜15μm厚であり、寸法精度維持したい部分にも
使用出来ます。

耐熱性は、250℃付近であり、それ以上の高温で使用すると変色します。

硬度も、モース硬度で5〜6程度あり、耐摩耗性を必要とする場面でも
利用が可能です。

RoHS指令にも抵触しません。

他の呼び方:リューブ、パーカー、パーカーライジング、りん酸マンガン、
リン酸マンガン、燐酸マンガン、りん酸Mn、リン酸Mn、燐酸Mn、
パーカーリューブライト、 Lb
JIS H 0400
対応英語:
phosphating , phosphating treatment,luberite

★リューブライト処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP