めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

■カレンダーロールへの硬質クロムめっき処理について。

カレンダーロールへの硬質クロムめっき処理において、
多くの問題が発生しています。

具体的には、めっきが剥離してしまったり、硬質クロムめっき処理
の膜厚が不充分であったりすることです。

硬質クロムめっきにおいては、適切な前処理により良い密着性
を確保する事が絶対条件です。

良い密着性は正しい液組成、適正なめっき電着技術、製品に
見合った治具具、アノード、治具そして何よりも品物が適切に
前処理されてこそ得られるものです。

硬質クロムめっき厚が不十分なのも同様に、液組成、めっき電着技術、
そして特に適正な道具立て(治具およびアノード)が出来ていないこと
などの問題があるためです。

この場合、直流電源装置も調べ、直流電流値とめっき速度の関係を
再調査した方が良いでしょう。
もしも上記の指摘事項が既に考慮されているのであれば、御社が
抱える問題は訓練および経験の不足によるものかもしれません。

一度、めっき業者様にQC工程図を頂き、適正な前処理等を実施
されているかご確認された方が宜しいかと思います。

★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP