めっきQ&A


球面部の硬質クロムめっきとピットについて

球面部に錆による複数のピットがあり、この球面部に
再び硬質クロムめっきをかけたいと思っています。

硬質クロムめっきは欠陥が見えなくなるように穴を塞ぎますか。
また、めっき後研削する必要があります。

硬質クロムめっきはピットや空洞を塞ぎません。
めっきする前にその問題を取り除くためのいくつかの追加的
作業が必要です。

硬質クロムめっきは、めっきされる表面を映し出す"鏡"となりうる
ので、正しい表面の前処理が行われていないとピットや擦り傷は
言うに及ばず、指紋さえも映し出されることがあります。

母材金属のピットや擦り傷、空洞等の欠陥は、めっきするための
適切な滑らかな表面を確保するために磨いて落とすか、欠陥部を
大きく開いて周りの金属と均一になるようにする処置が必要です。

硬質クロムめっき業者は、一般的に研磨やピット除去後の最終的な
準備処理として、グリットブラスト若しくはガラスビーズの処理を
行います。

硬質クロムめっき後の研削は、研削される表面の大きさや形状に
よる制限はあるものの一般的に行われていることです。
めっき前の研削は表面の欠陥を除去、若しくは最低でも欠陥を
小さくするのに役立つかもしれません。

ニッケルクロムめっき業者は、時々硫酸銅と光沢ニッケルの
下地めっきを用いることによりクロムめっきをする前の小さな
欠陥を塞ぎます。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP