めっきQ&A


AISI 4340 鋼や4130 鋼へのシンデンスクロムめっきと水素脆性について

TDCめっきの後もベーキングの必要があります。
特に基材金属が鉄鋼材の場合です。

水素原子と鉄鋼材の原子構造の相互作用による脆化の度合いは
TDCの場合も標準的な硬質クロムめっきの場合も同様です。

ベーキング条件は夫々の鋼材の種類や引張り強度により異なります。
鋼材の強度が高くなるに従い、水素脆性に対する感度が増します。
220,000psi(15480kgf/㎠)以上の強度の低合金高張力鋼には、
375F(190℃)での12時間のベーキングが必要です。

AISI 4340 鋼:ニッケルクロムモリブデン鋼の一種
AISI 4130 鋼:クロムモリブデン鋼の一種
psi:ポンド/inch²

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP