めっきQ&A


P-in処理は「型離れ性」がいいのでしょうか?

P-in処理は、型離れ性がいいめっき処理と考えれば
宜しいでしょうか?

現在、金型がありまして、表面をポリッシュだけで
使用しております。

材質は鉄系です。

ポリッシュだけでは型離れ性が悪く離型剤を塗布しながら
作業しております。

P-in処理は、型離れ性がいいめっき処理と考えれば
宜しいでしょうか?

現在、金型がありまして、表面をポリッシュだけで
使用しております。

材質は鉄系です。

ポリッシュだけでは型離れ性が悪く離型剤を塗布しながら
作業しております。

------------------------------------------------

P-in処理は、ご使用環境にもよりますが、型離れ性は
向上するめっき処理でございます。

P-in処理だけではなく、

 1.下地やP-in処理後にバフ研磨
 2.下地にナシジ処理

をすることによって、いろんなタイプをご提案すること
が可能でございます。

何種類かのテストピース(有償)を作成し、ご評価
頂くのが宜しいかと思います。

★P-in処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP