めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

HCRF処理に関するお問合せ

●硝酸環境での無電解ニッケルめっき処理について。

硝酸(濃度約10%、PH=1)に浸かる部分に
無電解ニッケルめっき処理は、使用できるでしょうか?

かなり濃度が高いので皮膜が簡単に溶解してしまうので
ないかと判断しております。

もし可能であればめっき処理にて少しでも
対応出来る処理をお教えくださいませ。

無電解ニッケルめっき処理では溶解してしまいます。
高リンタイプの無電解ニッケルメッキもございますが
長い時間は持ちません。

弊社の「HCRF処理」でございますと、溶解せずご利用
頂けますが、最終的には「黒ずみ」などが発生いたします。

一度、試作処理をして頂き、ご評価頂ければ幸いです。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。


★HCRF処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP