めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムメッキ加工処理の硬さ低下について。

硬質クロムめっき加工処理の硬さ低下についての質問
です。

①200℃から400℃まで硬さが徐々に低下して、550℃
くらいで急激に低下してHv400とありますが、400℃で
10時間保持した場合と1000時間保持した場合では硬さの
低下に違いはあるのでしょうか?

②他の金属と擦れが生じて、めっきの表面層だけ短時間
(例えば30秒間)温度が上昇する現象が繰り返された場
合、表層部のめっき硬さの低下は発生するのでしょう
か?

③低下の程度は繰り返し回数の影響を受けるのでしょう
か?

①クロムめっき皮膜は加熱により、その結晶構造が
変化して硬度が低下し、バルクのクロムに近づきます。
加熱時間は長いほど、その影響を受けやすいようです。

> ②他の金属と擦れが生じて、めっきの表面層だけ短時
> 間(例えば30秒間)温度が上昇する現象が繰り返され
> た場合、表層部のめっき硬さの低下は発生するので
> しょうか?

②表面がどれくらいの温度まで上昇するのかにもより
ますが、基本的に硬度は低下するものと考えてよろしい
かと思われます。

> ③低下の程度は繰り返し回数の影響を受けるので
> しょうか?

③結晶構造の変化が硬度低下の原因ですので、
加熱を停止したからといって、元の硬さに戻るわけでは
ありません。

従いまして、①と同様で加熱の延べ時間によって硬度低
下の程度が決まってきます。

以上、お求めの回答になっていないやもしれないのです
が宜しくお願い申し上げます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP