めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

■硬質クロムメッキ処理と白上げめっきの違いについて。

始めまして、めっきに関しては素人ですので、こんな
簡単な質問と、思わないで頂けたら、有難いです。

当社、車輌用FRP強化プラスチック製品を、製造してお
ります。

金型に、めっきをする場合、硬質クロムめっき処理
と、白上げめっきとの違いが分かりませんので、ご質問
させていただいております。

金型製造業者に、お聞きした所、硬質クロムめっき処理は、
白上げに、バフ仕上げをして、光沢を出していると、
お聞きしたのですが、どうも違うような気がしますので、
専門家に、ご質問させていただいております。

どうか、宜しくお願い致します。

硬質クロムめっき処理と白上げめっきは一般的には違う
種類のメッキを指します。

・硬質クロムめっき処理・・・硬さや耐磨耗性を目的としためっき
で皮膜はクロム層のみ。
クロムの皮膜も比較的厚い。
(メッキの前後にバフ研磨を施すことで光沢を出すことも
可能)

・白上げ・・・外観や耐食性を目的としためっきで、一般的
にはクロムメッキ(装飾クロムを指す。
クロムメッキの上に仕上げとしてごく薄く(0.1μm程
度)クロムの層を被せた処理。めっき前にバフ研磨を施す
ことで鏡面に近い光沢を出すことも可能。

おおよそ上記のような違いがあります。

ただ、めっきの呼び名や専門用語などは地方によって微妙に
ニュアンスが異なってくる場合もあるので、お聞きになられた
業者様などの中ではそのように使用されているのかもしれません。

また、素材のままで、硬質クロムめっき処理をする場合にも「白上げ」
と呼ばれることもあります。

★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP