めっきQ&A


硬質クロムめっきをSUSに処理するとをシミが発生する原因は?

硬質クロムめっきをSUSに処理するとをシミが発生
する場合があります。

ペーパーで擦ってみましたが、除去することは
出来ません。

原因は何でしょうか?

上記の情報のみですと何とも判断ができないため、
お手数ではございますが以下の事項を教えて下さいませ。

・めっきの厚み
・シミの発生の時期
(実際にご使用後なのか、またはめっき直後なのか)
・実際にシミが出ている画像など
・規則性の有無
 (同一の箇所にのみに発生する、など)

憶測では、ございますが、硬質クロムめっき処理前に部分的
な「腐食(錆)」があり、それをそのまま前処理を実施し
硬質クロムめっき処理を施した可能性がございます。

対策としては、前処理の「酸洗い後」に「サンドペー
パー」などでこすり、腐食痕を除去することをお奨めい
たします。

もし、硬質クロムめっきの納品時に発生しているのでは
なく、時間が経過してから発生したのであれば、
めっき表面に「水分」「某かの溶液」が付着した可能性
もございます。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP