めっきQ&A


●アルカリ着色法

アルカリ着色法とは。

アルカリ着色法とは。

------------------------------------------------

鉄鋼表面にFe3O4(四三酸化鉄)の黒色の酸か皮膜を
作り、その緻密な膜で内部を保護する方法です。

種々の方法がありますが、アルカリ着色法は、NaOH35
〜45%の水溶液に酸化剤、反応促進剤などを加えた処理
液を130〜150℃に加熱して、その中に鉄鋼部品を浸漬
します。

皮膜の厚さは、1〜2μm位で、表面から内部に化成され
るため寸法変化が小さいので精密機器部品の処理に用い
られるが、この皮膜はクラックの発生が多く、後処理と
してクロム酸処理、防錆油塗布などの処理が必要です。

blackening

黒染メッキのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP