めっきQ&A


●クラックフリークロムめっきとは?

クラックフリークロムめっきとは?

クラックの少ないクロムめっきをいいます。
クロムめっきは内部応力が大きいのでクラックが生じや
すいが、このクラック数はめっき条件によって変化します。

一般に使用されているサージェント浴ではクロム酸濃度が
高く、硫酸濃度の低い浴ほど、また浴温度が高く電流密度
の小さいものほどめっき皮膜のクラック数が少ないです。

このような条件でめっきしたクロムめっきをクラックフ
リークロムという。クロムめっきはクラック部より下地
金属が腐食されるので、クラックの少ないクロムめっき
は耐食性がいいです。また、逆にクラックが極端に多い
ときも腐食電流が分散されるので耐食性がいいです。
(マイクロクラッククラッククロムめっき)

参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP