めっきQ&A


●硬質金めっきとは?

硬質金めっきとは、どのようなめっき処理
でしょうか?

金めっきにニッケル、銀、銅、インジウム、コバルト
などを0.1〜8.0%共析させ、硬度、耐摩耗性を向上させ
た金合金めっきをいいます。

中性浴および弱アルカリ浴を用いる金めっきで、銅を共析
させためっき皮膜は硬度Hv250〜300であるが、熱処理に
よってHv400〜450に硬度が増します。

各種電気接点、端子、コネクタ、ピンなどに用いられます。

参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP