めっきQ&A


●ダクロ処理(ダクロタイズド処理)とは?【弊社では対応出来ません】

ダクロ処理(ダクロタイズド処理)とは、どのような
ものでしょうか?


アメリカのダイヤモンドシャムロック社が開発した自動
車用小物部品を主な用途とする防錆処理法です。

工程は、洗浄→錆落とし→塗装→焼付処理(260〜330℃)
が基本であり、塗装を繰り返すこともあります。

塗装はダクロディップ液に浸漬しますが、この液は金属
亜鉛フレークとクロム酸を含むので、塗膜は亜鉛防食作用
、クロムのよる抑制作用、バリアー効果などがあり耐食性
がいいです。

塗装なので電気亜鉛めっきに比べて水素脆性がないため、
自動車の足まわりのボルト、ハブボルト、ブレーキ部品、
ばね類などに用いられています。

参考文献:図解めっき用語辞典 丸山清、毛利秀明著

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP