めっきQ&A


硬質クロムめっきの腐食形態について

硬質クロムめっきの腐食形態にはどのようなものがある
のでしょうか?

一般的事例をご教示ください。

・表面の腐食形態
・応力腐食割れ?(遅れ破損)?など
・腐食の有無を判断する方法(断面検鏡?)

硬質クロムめっき加工処理の腐食形態としまして

1.素材からのピンホールによる腐食
2.もらい錆び(鉄分が屋外で付着)
3.クロム金属を侵食する薬品からの腐食(酸性)
4.素材が難材で、下地にニッケルや銅めっきを
  施した場合の応力剥離による腐食
5.異種金属との接触による電食

などがあります。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP