めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理の腐食形態について。

硬質クロムめっき加工処理の腐食形態にはどんなものがある
のでしょうか?

一般的事例をご教示ください。

・表面の腐食形態
・応力腐食割れ?(遅れ破損)?など
・腐食の有無を判断する方法(断面検鏡?)

他にもございましたらお教えくださいませ。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

硬質クロムめっき加工処理の腐食形態としまして・・・

 1.素材からのピンホールによる腐食。
 2.もらい錆び。(鉄分が屋外で付着)。
 3.クロム金属を侵食する薬品からの腐食(酸性)。
 4.素材が難材で、下地にニッケルや銅めっきを
   施した場合の応力剥離による腐食。

腐食の有無を判断する方法は...
 
 1.目視。
 2.SEM画像の断面検査。

などがございます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP