めっきQ&A


次亜塩素酸ナトリウム環境下での硬質クロムめっきと無電解ニッケルめっきのどちらが良いのか?

酸性になりますので、硬質クロムめっき皮膜は溶解
いたします。

無電解ニッケルめっきのリン配合が13%程度である
高リン無電解ニッケルめっきが宜しいかと思います。

一度、試作処理を行い比較テストをされることを
お勧めします。

硬質クロムめっきのページはこちらから
無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP