めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムメッキ加工処理の硬さと耐摩耗性について。

硬質クロムメッキ加工処理の硬さと耐磨耗性を教えて
ください。

硬質クロムメッキ処理はHV500くらいと考え耐磨耗は
十分なのでしょうか。

耐摩耗性が必要な理由として、部品の材質がZDC3でクラ
ンプ、アンクランプの繰り返しになり、磨耗が心配です
ので、硬度の高い表面処理が必要になります。

以上、宜しくお願い申し上げます。

硬質クロムめっき皮膜の硬度は、Hv750~1000近く
まで上昇します。
よって硬度の面ではご心配されることはございません。

耐摩耗性に関しましては、硬度と「面粗さ」が関連し
てまいります。
この面粗さをコントロールする必要がございます。
一般的には、バフ研磨にてコントロールいたしますが
「ナシジ処理」を併用する場合もございます。

上記につきましては、一度、試作を実施して御社の
製品に見合った面粗さを検討する必要がございます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP