めっきQ&A


●クロメートメッキとは?

クロメートメッキとはどのような処理でしょうか?

薬品に浸漬するタイプと電解にて処理する方法とが
ございます。

クロメート処理と認識して頂ければ間違いないと思い
ます。

JISでは、クロム酸又は二クロム酸塩を主成分とする
溶液で金属を処理して防せい皮膜を作る表面処理方法。

chromating

とあります。

クロメートは、クロメート処理と呼ばれるのが一般的で
クロム酸または重クロム酸塩を主成分とする溶液中に
製品を浸漬して、防錆皮膜を生成させる方法になります。

亜鉛メッキ加工のクロメート処理は、
1.耐食性向上
2.白さびの発生を防ぎ、指紋その他の汚れをつきにく
  くする。
3.外観向上。
4,塗料、染料の密着性向上。

などの効果があります。

銀めっき後の変色防止やアルミニウムのクロメート処理
(アロジン法:American Chemical Paint,Co)があり
ます。

他のクロメート処理方法ですと「電解クロメート処理」
がございます。

電解クロメート処理は、銀めっき、銅めっき、銅合金
めっき、銅合金めっき、ニッケル合金めっき、すず合金
めっきなどの耐食性向上、耐変色性向上に用いられます。

普通は陰極処理で、クロムめっきに似た方法ですが、陰
極電流密度はクロムめっきよりも小さいです。

効果としては、ピンホールや被覆力(つきまわり)の不
足のために、めっきが電着していない素材あるいは下地
めっきの露出部分がクロメート処理され、耐食性と耐変
色性が向上します。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP