めっきQ&A


硬質クロムめっきのピンホールを少なくしたい場合は?

材質と機械加工の状態によってもピンホールの発生状況が
異なります。

対策とすれば、まず発生要因を明確にしていただき

 1.めっき厚を変化させる
 2.梨地処理を併用する
 3.電流密度を下げる
 4.処理液温度を調整する
 5.回転させながら処理する
 6.処理液の濃度等の条件を変化させる

などが考えられます。

素材からの要因の場合には、素材の加工方法を
かえる、素材をかえるなどをご検討頂くことに

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP