めっきQ&A


●アルマイトの種類

アルマイトの種類はどれ位あるのか。

アルマイトには以下のようなものがございます。

【白アルマイト】
白アルマイトとは、アルマイトを、素材のままの状態で
処理するされた製品のことをいいます。

白・・・とついておりますが、色は、アルミニウムと似た色で
あったり、アルマイト業者や素材、アルマイト処理液に
よって若干の違いがございます。

アルマイトは、理化学研究所の登録商標であり、アルミニウム
の陽極酸化皮膜、または、その皮膜の施された製品の通称です。

アルミニウム製品を陽極にして、硫酸、しゅう酸、クロム
酸などの浴中で電解すると、陽極に発生する酸素のために
アルミニウムの表面に、多孔質であるが電気絶縁性が高く
耐食性、耐摩耗性の酸化膜が生じます。

皮膜は多孔質、繊維状であるので染色が出来ます。

アルミサッシなどの建材、カメラなどの光学機器、水筒、
ヤカンなどアルミニウム製品に広く利用されています。

【硬質アルマイト】
硬くて耐摩耗性と有するアルミニウムの陽極酸化皮膜
(アルマイト皮膜)をいいます。
電解条件としては、浴温度が10℃以下(0~5℃)で行い
ます。
皮膜硬度は、Hv400程度になります。

アルマイトのうち、皮膜硬さ及び耐摩耗性性に優れた皮膜を
「硬質アルマイト」と呼ばれております。

硬質アルマイト皮膜の多くは50μm程度の皮膜厚さが一般
的です。
普通アルマイト処理が10μm程度と比較して「素地材質」
の性質を大きく反映し、それが皮膜性能の差となって現
れてきます。皮膜は通電しない「絶縁皮膜」となります。

硬質アルマイトの膜厚を厚くすることにより、硬度は変化し
ませんが、「破壊電圧」及び「耐摩耗性」は向上します。
また、「バフ仕上げ」により光沢を向上させることも可能
です。しかし「クラックの発生」が顕著になります。

【着色アルマイト(カラーアルマイト処理)】
アルミニウムを陽極酸化して得られる皮膜を、有機染料、
無機化合物などで染色する方法です。

陽極酸化後、金属塩を溶解した浴中で、電解を行って、金
属または金属化合物を皮膜孔中に析出させて着色する方法
もあり、電解着色といいます。

【テフロン硬質アルマイト】
硬質アルマイト処理加工にて生成された「孔(ポア)」
にテフロン微粒子を含浸させ、滑りと硬度を持たせる
処理です。

【タフカラー・30 着色硬質アルマイト】
硬質アルマイト処理加工にて生成された「孔(ポア)」
に染料を含浸させ、高い硬度と着色を実現した処理で
弊社、三和メッキ工業の特許技術となります。


アルマイト処理のページはこちらから
硬質アルマイトのページはこちらから
着色アルマイト(カラーアルマイト処理)のページはこちらから
テフロン硬質アルマイトのページはこちらから
タフカラー30のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP