めっきQ&A


ベーマイト法

JIS規格 H0201(アルミニウム表面処理用語)では、

e)化成処理 502 ベーマイト法
高温の純水中でアルミニウムの表面に皮膜を生成させる
方法。これに少量のアンモニア水などを添加して処理
する場合

boehmite process


と記載がございます。

その他のベーマイト法の記載としまして、

アルミニウム合金を高温水または加圧水蒸気中に保持す
ると、その表面に「ベーマイト」と呼ばれる結晶構造を
有するアルミニウム水和酸化皮膜が生成される。

ベーマイト皮膜は90〜100℃以上の高温で、浸せき時間の
経過とともに成長し、0.1〜2μm程度の厚さとなる。

現在、工業的には脱イオン水を使用し、さらにベーマイト
皮膜の成長性を促進するために、トリエタノールアミンな
どの添加剤を加え、pHを弱アルカリ性に調整している。
アンモニアの添加も有効であるが、ガスの発散のため作業
環境や液管理の面で問題ある。

アルマイトのページはこちらから
硬質アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP