めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルめっき加工処理の高中低とは?

無電解ニッケルめっき加工処理の高中低とは、何を表現して
いるのでしょうか?

皮膜の厚さでしょうか?
耐食性の違いでしょうか?

お客様先からのご質問なのですが、文献等を調査しましても
見つけることが出来ませんでした。

以上、宜しくお願い申し上げます。


無電解ニッケルメッキに含まれる「リン」の含有率
を示しております。

【高リンタイプ無電解ニッケルメッキ】
リンの含有率が13%になります。
耐薬品性に優れております。

【中リンタイプ無電解ニッケルメッキ】
リンの含有量が8〜10%になります。
一般的に処理される無電解ニッケルメッキの
皮膜になります。

【低リンタイプ無電解ニッケルメッキ】
リンの含有率が5%になります。
低温にて処理が出来るので樹脂等へのめっき
や処理液による影響を最小限に抑えて無電解ニッケル
めっき処理をされたい場合に使用します。

それぞれの無電解ニッケルメッキのタイプでメッキが
析出するスピード、処理液の温度が異なります。

また、弊社ですと、上記以外に・・・

 中高リンタイプ無電解ニッケルメッキ
 (リン含有率:11〜12%)

 中低リンタイプ無電解ニッケルメッキ
 (リン含有率:6〜7%)

などもございます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP