めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムメッキ加工処理の耐用年数とは。

硬質クロムメッキ加工処理の耐用年数は一般的に
どの程度でしょうか?

お客様からのお問合せでございます。

使用環境や膜厚によって耐用年数は変化すると
思っております。

文献やインターネットにて検索を致しましたが
あまり良い内容が記載されておりませんでしたので
御社にお問合せをさせて頂きました。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

硬質クロムメッキ加工処理の種類(処理液)、メッキ厚
ご使用の環境によって異なります。
また、お取引をされておられます、メッキメーカー様に
て見解をお聴きするのが宜しいかと思います。

何故ならば・・・

 1.メッキ業者様にて使用している薬品メーカー、
   処理液等によって防錆効果が異なるから。
 2.素材やその時に処理された処理液の条件によっ
   て防錆効果が異なるから。
 3.硬質クロムメッキ皮膜のピンホール、素材の
   ピンホール電流密度などによって防錆効果が異
   なるから。

研究試験機関にて製品自体にてご評価されるのが
本来は一番最適かと思います。

大事なのは、設計者、エンドユーザー様がどのくらい
の「メッキ耐用年数」を求めるのか?ということになり
ます。

その耐用年数を見込んだメッキ処理加工の選択をするた
めに試作メッキ処理を行い、いろんな条件を用いて、
それを研究試験機関にて評価するしか、現実問題として
算出することが出来ません。

参考までにJIS規格の中では以下のようにして判断を
いたします。

JIS H 8502 めっきの耐食性試験方法

上記にいろんな試験方法がございまして、その結果を
レイティングナンバという手法で評価を行います。

その評価にて、実際に使用した処理液の妥当性を評価
いたします。

妥当性の評価は、何かの基準に基づいて行うのが一般的で
これは、御社での判断(もしくはエンドユーザー)になり
ます。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP