めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき処理のご相談に関するお問合せ

★亜鉛メッキ加工(クロメート処理:六価クロム)の剥離後の問題について。

亜鉛メッキ加工を施した部品をめっき剥離し、無電解ニッケルめっき処理
したいのですが、亜鉛めっき時にクロメート処理(六価クロム:有色クロメート)
してあります。

質問
①亜鉛メッキ加工を剥離して他の種類のめっきを施すには問題
ありませんでしょうか?
②六価クロムは製品から完全に除去されるのでしょうか?
③六価クロムが残液に残ると思いますが処理はどうしたら
いいでしょうか。?
④剥離時の部品の影響度はどのくらいでしょうか?
製品の材質はSPCCです。

まず、亜鉛メッキ加工を剥離して無電解ニッケルめっき処理
に変更することは可能です。

下記にてご質問事項についてお返事をさせて頂きます。

> ①亜鉛メッキ加工を剥離して他の種類のめっきを施すには
> 問題ありませんでしょうか?

問題ございません。塩酸で剥離しますので可能性と
して、若干「艶」が劣る程度でございます。

> ②六価クロムは製品から完全に除去されるのでしょうか?

はい。完全に除去されます。

> ③六価クロムが残液に残ると思いますが処理はどうしたら
> いいでしょうか。?

これはお客さまに剥離するということでしょうか?
めっき業者さまに剥離を依頼されるのが最良でござ
います。

> ④剥離時の部品の影響度はどのくらいでしょうか?
> 製品の材質はSPCCです。

機械加工時の寸法変化等は発生いたしません。
若干、「艶」が無くなる程度でございます。

★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。
★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP