めっきQ&A


耐オゾンに腐食酸化しない無電解ニッケル系のめっきは?

金属部品で、材質がSUS316,304に耐オゾン酸化性の
ため、無電解ニッケルめっき処理を検討中ですが、
室内環境(特に高温高湿度)での腐食酸化を伴うので
新しいめっき技術対策もしくは高耐防食性技術を考えて
おります。

一般的に耐オゾンは現状の無電解ニッケルめっき系皮膜
では難しい可能性がございます。

他のめっきでも腐食は避けられません。

弊社にてHCRF処理というものがあります。
耐食性に優れた皮膜でございますが、一度試作処理を
実施し、ご評価して頂ければ思います。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
HCRF処理のページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP