めっきQ&A


リューブライト加工処理の英語名はどのように表現すればいいでしょうか?

海外でリューブライト処理を聞かれるのですが 英語名
がわからず困ることがあります。 
お手数ですが英語では どのような表現をすれば理解して
もらえるのでしょうか?

専門用語ですので伝えることが難しく困っております。

以上、宜しくお願い申し上げます。


弊社も直接英語圏に製品をご提案しているわけではないので
以下はあくまでも文献より・推測の域を超えないことをご留意
下さいませ。

 リューブライトは、リン酸塩処理の中の
リン酸マンガン皮膜ということはご存知かと思われます。
別名をパーカーライジング(Parkerizing)と
呼ばれることがあります。こちらは商標名でして
1925年に米国のParker Rust Proof社が開発したものです。
よって、口語としては上記で通じるかと思います。

リン酸マンガン処理を英訳すると
Manganese Phosphate Coating...となります。

以上、勉強不足で恐縮ですが宜しくお願い申し上げます。

★リューブライト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP