めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

P-in処理に関するお問合せ

BeCuの耐摩耗性を高めるためのめっき処理とは。

BeCuの耐摩耗性を高めるための、最良の皮膜処理を
ちなみに、寸法精度は非常に厳しいものです。
よって、膜厚が薄く、耐摩耗性に優れ、処理温度は
320℃以下のものを探しております。

めっき加工処理にて上記の目的を達成出来るような
めっきがございましたらご紹介くださいませ。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

弊社にてご提案出来るめっき加工処理としては、

 P-in処理
 テフロン無電解ニッケルめっき加工処理
 B-in処理

という無電解ニッケル系のめっき加工処理がございます。

御社のご要望に対応出来るかは試作処理を実施して
ご評価頂くことになります。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

▼P-in処理
▼テフロン無電解ニッケルめっき加工処理
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP