めっきQ&A


熱膨張率の違いによる無電解ニッケルめっきのひび割れの有無について

アルミニウム材にてヒートブロックを製作し、300℃程度で
使用します。

この使用温度ですと、アルマイトではなく無電解ニッケルめっき
を推奨しているのを御社HPのQ&Aにて拝見いたしました。
熱膨張率の違いによるひび割れは発生しないのでしょうか?


アルミニウム専用の前処理を行い無電解ニッケルめっきの
密着性が確保出来ていればひび割れは発生いたしません。

アルマイト処理ですと100℃の温度でクラックが
発生いたします。
このクラックが問題ないのであればアルマイトでも
問題ないと思います。

可能であれば、上記の2つの処理で試作を検討してください。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから


キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP