めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき加工処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき加工処理のマイクロクラックとは。

硬質クロムめっき加工処理を薄く(膜厚1μm弱)処理すると、
マイクロクラックが発生せずに、厚く(2μm厚以上)
処理するとマイクロクラックが発生します。

発生する原因(科学的に)教えていただけないでしょうか?

解る範囲で結構でございますので、何卒、宜しくお願い
申し上げます。

クロムめっき皮膜の持つ応力は他のめっきと比べて、
非常に大きいものです。

その大きい応力の影響により、ある程度めっきを厚く
処理しますと、めっき皮膜にクラックが発生します。

また、クロムめっきの場合、高電流密度部のほうが、
よりめっき膜厚は多いですの で、その部分のほうが、
よりクラックは発生しやすくなります。

科学的なお返事ではないかもしれませんが宜しく
お願いいたします。

★硬質クロムめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP