めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

ニッケルめっき加工処理品のご相談です。

①当社は室内装飾品の製造・販売を行なっております。
その構成部品においてニッケルめっき品に対しての変色
防止・ピンホールの処理として、クリア処理またはクロ
ム酸処理の何れかの対応で十分なのでしょうか?
それとも双方の対応が必要なのかについて回答願います。

②使用後のニッケルめっき変色については、工程(製造条件)
管理面、それとも最終めっきをニッケルめっきのみに頼って
いる工程プロセス的要素要因なのかについてのご意見をお願
いします。

以上、宜しくお願い申し上げます。

ピンホールがあった場合には後処理工程(例えばクリア処理)
では問題を解消することが出来ません。
めっき手法やめっきの種類を変える必要がございます。
(例えば下地に銅めっきを施すなど)

変色防止に関しましてはクリア、クロメート処理で発生時間は
抑えることが出来ます。
しかし、十分なのかどうかは弊社では判断出来かねます。

例えばJIS規格の塩水噴霧試験等にて連続使用時間
○○時間で変色及び腐食なきこと・・・このように御社
独自の規格を作成する必要があると思います。
御社のご使用環境化において、いろいろご評価されること
をお勧めいたします。
*試作が必要でしたら弊社でも対応可能でございます。

双方向の要因が懸念されます。
Ni自体が酸化されやすい金属ですから、Niめっき後
にクロム処理する場合がございます。
これも一つの対策かと思います。
また、単純にNi皮膜を厚くしてみるのも対策です。

工程管理面で言えばめっき後の後処理が関連してくる
可能性がございます。
水洗を純水などに変えるとか、めっき後にベーキング処理
を試して見るのも方法です。

また、素地に対してもピンホールが少ないもの、研磨して
あるものなどの配慮が必要かと思われます。

あくまでも弊社ならどのような対策を考えるかという観点で
お答えしておりますので、すべてのめっき業者さんが上記の
ように考えているとは思わないで頂ければと思います。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP