めっきQ&A


硬質クロムめっきのかじり現象とは?

三和メッキ工業さんのホームページの硬質クロムめっき
ページで

クロムと磨耗してかじり現象が起こしやすい
ものに砲金・黄銅などがあります

と書かれています。

かじり現象を起こしやすいものとして、詳細な資料
(どのような材質があるか?、どういう原理で?)や
情報があれば、教えて下さい。

ねじでお話をします「ねじが回せなくなる」現象のことです。
締めつけにおいては、ねじ山の表面が摩擦熱により溶融・溶着し
動かなくなる現象で固定部品と回転部品が微小隙間で摺動する部品
においては、摺動熱で焼き付いて回転不能となる現象をいいます。

クロムめっき皮膜と組み合わせ材料との摩耗につきま
しては、いろいろな要因が重なりあってます。

要因としましては、クロムめっき側では、表面状態
(クラック、硬さ、外観等)、熱処理条件等であり、
摩擦条件では、摩擦時間、加重、速度等です。

かじり現象について
硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP