めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

硬質クロムめっき処理に関するお問合せ

硬質クロムめっき処理の限界膜厚について。

硬質クロムめっき処理の限界膜厚はいくつですか?
表に記載してある500μmでしょうか?

また、厚めっきを行なう時は、何層かに分けた方がよい
のでしょうか?

たとえば、50μm膜厚が必要な時、25μmを二回施す方が、
防錆や密着性など一回に50μm処理するのとどちらがいいの
でしょうか?

めっきの劣化が考えられるとなると、一般的に母材とめっき
の間は経年変化により、どのような状態になっているので
しょうか?

劣化=密着性の低下と考えてもいいのでしょうか?

> 硬質クロムめっき処理の限界膜厚はいくつですか?
> 表に記載してある500μmでしょうか?

形状や材質によって異なります。
最大で2mmでも可能です。

> また、厚めっきを行なう時は、何層かに分けた方がよい
> のでしょうか?
> たとえば、50μm膜厚が必要な時、25μmを二回施す方が、
> 防錆や密着性など一回に50μm処理するのとどちらがいいの
> でしょうか?

そのまま50μm処理したほうが密着性の関係でいいです。

> めっきの劣化が考えられるとなると、一般的に母材とめっき
> の間は経年変化により、どのような状態になっているので
> しょうか?
> 劣化=密着性の低下と考えてもいいのでしょうか?

めっきの種類によってはピンホール等から腐食を発生し
腐食を発生するケース、めっき層と素地の隙間に水分や
湿気が入り込みめっき層が浮いてしまうことなどが
あるようでございます。
劣化=密着性の低下とはすべてのめっきや現象が当てはまらないと
思います。

上記はすべてのめっき、製品に当てはまるものでは
ございませんのでご了承くださいませ。

★硬質クロムめっき処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

めっき専門用語

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP