めっきQ&A


プラズマ溶接で無電解ニッケルめっきした膜に膨れが発生した場合とは

鋼材に無電解ニッケルめっきをしている製品でプラズマ溶接された
周囲でめっき膜に膨れが発生します。

原因は何でしょうか。
これまでの実績では発生していません。


これまでの実績で問題ないのであれば以下の事項が
考えられます。

1.めっき工程に変化があった
2.めっき処理液の劣化
3.めっき処理液のターン数が限界の状態でめっきした
4.脱脂不良
5.活性化不良
6.溶接方法に変化があった

膨れということは、めっき皮膜が浮いてきている状態ですので、
密着性を維持出来ない状態なのか、維持出来るような皮膜では
なかったかのいずれかです。

無電解ニッケルめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP