めっきQ&A


硬質クロムめっきのクラックについて

クラックは、200℃で一旦成長すると思われますがそれ以降は
成長しないと思われます。

クラックを小さくする方法としてマイクロクラック方式があります。
しかし完全に無くする事は難しいです。

弊社の場合、梨地処理後に硬質クロムめっきを行う
方法で、クラックレスを実現させて事例はございます。

また、硬質クロムの膜厚を30~50μm以上まで処理すると素地までの
クラックを防ぐことが出来ます。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP