めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

めっき仕様に関する質問に関するお問合せ

ニッケル系めっきのボンディング性について。

あるメッキ業者様に無電解ニッケルめっき加工処理や
ニッケルボロンめっき加工処理はボンディング性が良いと
評価されているのですが、電解ニッケルメッキ加工処理は
あまり良くないと聴いたのですが、この理由は何によるもの
ですか?

お解りの範囲で結構でございますのでお教えくださいませ。

以上、宜しくお願い申し上げます。

ボンディングといいますとワイヤーボンディングのこと
となりますが、電子部品ではワイヤーボンディング仕様の
場合、本来は表層を金めっきにするのが一般的です。

金の膜厚は要求される接合強度や、金めっきの性能によって
異なりますが、だいたい0.3~1.0μmの間と思われます。

無電解ニッケルメッキでも、ワイヤーボンディングは基本的
に可能なのですが強度が金と比べて低くなるものと考えられ
ます。

また、ニッケル表面の酸化による影響が大きいため
不向きでございます。

★無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP