めっきQ&A


アルマイト後に切削しその部分を保護する方法

アルミニウムにアルマイトをした後に、部品等
の取付で削れたり、切断する作業が入ると、アルミニウムの
地肌が出てきてしまいます。

その部分を保護する方法があれば 教えて下さい。

腐食してしまうのではないかと考えておりますがどのような
方法が適切なのか判断に困っております。

単純に油を塗布しようとも考えましたがアルマイト皮膜に
影響が出るのではないかと思っております。

アルマイトした製品を自体を切断等の作業がある
のであれば保護する方法はございません。

可能であれば、切削等の加工が全て終わった段階で
アルマイトを行えると理想でございます。

切断して露出した個所のみを追加でアルマイトを
することが原則としてできませんので、

  全体の剥離→再アルマイト

が必要になりますが、剥離時に母材露出個所から先に
溶解、地荒れしてしまいますで、マスキング等を検討
する必要があります。

しかし、再アルマイトですと精度を維持するのは困難になって
きますので注意が必要になります。

油の塗布しますとアルマイトした表面に某かの影響は出てくる
可能性がございますので避けて頂ければと思います。

また、切断後に、全体的にクロメート処理(アロジン)を
する方法も試してみると宜しいかもしれません。

アルマイトのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP