めっきQ&A


●醤油や酢に強いめっき処理とは?

φ15×40ぐらいのものを扱っている。
食品と触れ、ウーロン茶などの部品は
硬質クロムめっきで問題なく使用している。
しかし、酢やしょうゆなどの塩分、酢にはもたない。
何かめっきでクリアできれば画期的。

このようなめっき処理はございますでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

亜鉛めっき、すずめっきなどが宜しいかもしれません。
理由は缶詰に使われてるから危険性が少ないと思われます。

しかし、摺動部であれば、上記の処理は適しませんので

無電解ニッケルめっき加工処理

が宜しいかと思います。

耐食性はともかく、溶出したり、摩耗したりするとニッケル
が混入するというリスクは生じます。

可能であれば、試作を実施してご評価(有償)をされる
ことをお奨めいたします。

無電解ニッケルで良好であれば、リンの含有率を変動させて
みたりするのも宜しいかと思います。

基本的にはめっき皮膜などの金属は身体に入るとすべて害に
なりますので、その点についてはご了承くださいませ。

★無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。
★亜鉛メッキ加工のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP