めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

テフロン無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

何らかの「テフロン加工」が剥離する。

アルミニウム板に現在何らかのテフロン加工を行っている
のですが、

 熱(最高250℃)をかけ樹脂整形する際


すぐに剥離を起こしてしまいます。

業者さまは、ナシジ処理を行ってからテフロン加工を
吹き付けるようにして皮膜を付けているらしく、めっき
加工処理ではない様なのですが剥離を起こすたびに上から
重ね塗りするようにしているとのことです

何か代用となるめっき加工処理は無いでしょうか?


試作は必要でございますが、めっき加工処理ですと以下の
処理が可能性としてございます。

 テフロン無電解ニッケルめっき加工処理

 P-in処理

めっき前後に「バフ研磨」を併用すると「良好な結果」
が出る場合がございます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★テフロン無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。
★P-in処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP