めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき処理に関するお問合せ

▼ボルトへの無電解ニッケルめっき処理の強度について。

強度区分10.9の六角ボルト(M14)に無電解ニッケルめっき処理
を施したいのですが、市販のナットはそのまま使用できます
でしょうか?

また、そのときの膜厚はどれくらいになりますでしょうか?

市販のナットは青色の処理がされておりまして、恐らく
ですが、亜鉛メッキ加工ではないかと思います。

一度見て頂けますでしょうか?

以上、宜しくお願い申し上げます。

どのようなめっき処理をされた既製品かにもよります
が何がしかのめっきの剥離・再めっきの際に水素脆性
等により強度が低下する可能性はございます。

強度区分を維持するしないの判断は、処理をした時点
ではできませんのでご留意下さいませ。

> また、そのときの膜厚はどれくらいになりますでしょうか?

無電解ニッケルめっき処理でございますと、一般的には、
5~10μmの膜厚となります。
剥離しためっき処理の膜厚と同じ膜厚を選択されるのが
宜しいかと思います。

画像をお送りくださいませ。お返事をさせて頂きます。

▼無電解ニッケルめっき加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

Zoomミーティング始めました

あきらめずにご相談ください

  • めっきセカンドオピニオン
  • LINEでお問合せ

PAGETOP

PAGETOP