めっきQ&A

  • google
  • シェア

よくあるご質問を投稿

アルマイト加工処理に関するお問合せ

アルマイト加工処理の絶縁性の確保について。

アルマイト加工処理について、ご教示ください。
アルマイト処理を施した□50mmのプレートを作成したいと
考えております。

処理の目的は、

「絶縁性の確保」


です。


回答集を拝見しておりますと、100~130℃付近でクラック
が入るとありますが、その原因は母材との線膨張差による
ものと考えてよろしいのでしょうか?


私どもの工程では、オーブン180度雰囲気に投入を行います
ので、耐熱性が気になる点となります。
ただし、それ以外に封孔処理(?)や経年劣化でもクラック
は発生するようですので、アルマイト処理による絶縁性の確保
は困難となるのでしょうか?

はい、アルマイト皮膜はアルミニウムに比べ熱膨張係数
が約1/5程となるため、加熱をすることによってクラック
が発生致します。

ただ、クラックが生じることによって絶縁性にどの程度
影響を及ぼすのかということについては残念ながら明確
なご回答が出来ません。

> ただし、それ以外に封孔処理(?)や経年劣化でも
> クラックは発生するようですので、アルマイト処理によ
> る絶縁性の確保は困難となるのでしょうか?
> ご対応のほど、よろしく御願い致します。

以下、アルマイトに関する文献から抜粋したものです。
皮膜の厚さと封孔処理の有無による絶縁破壊電圧を示して
います。

材質:A1050  封孔:沸騰水30分  単位:V

    封孔有  未封孔
10μm  464    454
25μm  1832   1556
50μm  3362   2294
80μm  3742   2540

このデータによりますと、全体的に封孔処理を行っている
皮膜の方が絶縁性は高いようです。

ご参考になるか分かりませんが、
何卒宜しくお願い致します。

★アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP