めっきQ&A

  • google
  • シェア

よくあるご質問を投稿

アルマイト加工処理に関するお問合せ

アルマイト加工処理後に削ったり切断した場合の断面保護について。

アルマイト加工処理後に削ったり切断した場合の断面保護について
教えてくださいませ。

腐食が発生してはいけない製品なのですが、再度アルマイト加工処理
をするには精度がありまして対応することが出来ません。

何か方法はないかと模索しているのですが、良い方法を
見つけることが出来ません。

以上、宜しくお願い申し上げます。

アルマイト加工処理した製品を「削り」「切断」
にて、下地のアルミが露出してしまった場合には、
一般的には、保護する方法がなく、

  「削り」や「切断」

を先に実施して頂き、「アルマイト加工処理」して
頂く方法があります。

もしくは、一旦、現状のアルマイト皮膜を剥離して
再アルマイト加工処理という方法もございます。

ただし、精度あるということでこの方法は不向き
です。

他の方法ですと、


 アルマイト加工処理→切断→アロジン処理


という処理も可能かと思いますが、アロジン処理に
「通電性」があるのと同時に、処理したアルマイト皮膜
に某かの影響が出る可能性もございます。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

★アルマイト加工処理のページはこちらから。

▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP