めっきQ&A


硬質クロムめっきは、水素除去しなければならないのか?

硬質クロムめっきは、水素除去をしなければならない
とありますが、常に水素除去をしなければいけないの
ですか?

現在、ホーニングパイプ(内側に硬質クロムめっき処理を
10μm厚)を使用しそのパイプに液状樹脂を注型し120℃
で2時間程度熱硬化させています。

しかし、新しく硬質クロムめっきしたものは初めの1回目だけ
硬化樹脂表面に気泡のようなものが残ってしまいます。

それも、全体的ではなく部分的に起きてしまいます。
2回目からは、そのようなことは起こらないのですが。
原因は、水素除去にあるのですか?

まず、原則として

 すべての「めっき処理(電解、無電解)」は
 「水素を吸蔵する」

ということです。

よって、本来であれば、すべての「めっき処理」に
おいて、めっき後のベーキング処理(水素除去)は
された方が無難ではあります。

ただし、コスト面や大きさで難しいところがございます。

硬質クロムめっきにて「水素除去」を求められる場合は
以下のとおりです。

 1.お客様からご指示があった場合
 2.めっき製品の脆さを無くす場合
 3.密着強度を上げる場合

気泡のようなものが残る・・・これは「水素除去」とは
関連性はないように思えます。

めっきの密着不良が考えられます。

2回目から、問題ないということは、1回目のときに、
硬質クロムめっき表面の某か(異物や皮膜のクラック等)が
影響していると考えられます。

よって、硬質クロムめっき後に「ホーニング加工(内径)」
をされては如何でしょうか?

改善傾向にあると思います。

硬質クロムめっきのページはこちらから
お問合せのページはこちらから

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP