めっきQ&A

よくあるご質問を投稿

無電解ニッケルめっき加工処理に関するお問合せ

無電解ニッケルめっき加工処理の膜厚のつきかたについて。

無電解ニッケルめっき加工処理の場合は、液に触れて
いる箇所であれば、めねじや穴であっても部品表面と
同じ膜厚が得られるのでしょうか。

穴がかなり空いている鉄材なのですが、皮膜を
出来れば全体的に薄くめっき加工処理をしたい
と考えております。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

理論上は仰られるとおりでございます。
実際には、液と触れているだけではなく
穴の内径等であれば、常にそこに 処理液が循環するよう
な工夫は必要になります。

また、めっき処理の最中には、「水素ガス」が発生し
そのガスが「穴」に溜まりやすいので、めっきがつかな
い可能性がございますので、めっき最中にガス離れを良
くする工夫も必要です。

以上、ご検討の程、宜しくお願い申し上げます。

▼無電解ニッケルめっき処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードを絞り込む
 

一覧に戻る

よくあるご質問を投稿

電話・メール相談の前に必ずこちらをクリックしてください

CLICK

  • TEL:0776-23-1639 FAX:0776-27-4726
  • お問合せフォーム
  • E-mail : info@sanwa-p.co.jp

三和メッキ工業株式会社
営業時間: 午前8:30~12:00
午後13:00~17:00

PAGETOP