めっきQ&A


アルマイト処理皮膜の膜厚測定について。

部品のアルマイト処理皮膜の膜厚を測りたいのですが平面部
がほとんど無く(せいぜい4mm角ぐらい)ハンディタイプの
簡易的な機器ではうまく測定できません。

このような場合どういった方法を用いるのでしょうか?

材質番号は、A5052でアルマイト処理を5μm厚にて処理を
依頼しているのですが、本当に処理されているかの検証の
ために考えております。

SEM試験等を実施することになりますが、製品を「カット」
する必要がございます。

試験装置は、お近くの「大学」「工業試験所」等にございます
ので、ご相談されることをお奨めいたします。

★また、簡易的に「膜厚」がどの程度かを判断する
場合には、

 1.同じ材質(加工状態)の小さなサンプル片を
   作成し、それをダミー品として、本製品とともに
   アルマイト処理をそれを測定する。

という考え方も出来ます。

弊社にて保有している、膜厚計ですと測定可能な数値です。

★アルマイト処理のページはこちらから。
▼お問合せのページは、こちらから。

キーワードで検索
 
複数キーワードをスペースを入れて検索してください。
(例)「硬質クロム 固い」「テフロン 400℃」 など

一覧に戻る

めっきのことならどんなことでもご相談ください

最短で24時間以内にお見積りいたします

PAGETOP

PAGETOP